リーグ代表挨拶

私の少年時代は少年野球に魅了されて、野球三昧な日々を過ごしてきました。そんな中で何気なく普通に大人になりましたが、プロ野球観戦を毎日テレビで見ている内に大人になっても野球がしたくなり、野球を少し始めた所、思っていた以上に体が動かないと痛感する自分、昔のようには行かないと思った自分も居て、そして仕事が忙しく野球を欠席してしまうとチームのメンバーに迷惑をかけてしまうのではないか?という心配や野球と仕事の両立が困難になったこともあり、やがて野球をやめてしまいました。

そんな中で私は自分でリーグを設立しようと思い至りました。
人に迷惑をかける事なく、誰でも参加しやすい仕組みを作り野球に近いボールゲームは何かないかと探してソフトボールを選択しました。

私自身が北海道の地で野球をやらせて楽しませていただきましたこともあり、球技の中でもソフトボールを通してこの土地に少しばかりでも恩返しがしたいという気持ちと、北海道にないものを作りたいという想いから2018年4月より始動した団体であります。

ゴールデンエゾリーグの理念でもあります、老若男女、年齢、人種、性別を問うことなく誰でも参加しやすく親睦を図れる団体であること、誰でも参加しやすい仕組み、トライアルチーム(個人登録参加制度)を設けて個人はもちろん法人、数人での参加、地域交流、地域貢献、社会貢献、地域社会の活性化を担える団体であることを目的とした団体を目指して設立しました。

より多くの方に楽しんでいただけるそんな団体を作ることを念頭に活動しています。

活動理念と目的

1、ソフトボールを通じて地域交流、地域貢献、社会貢献、地域社会の活性化を担える団体であること

1、老若男女、年齢、人種、性別を問う事なく誰でも参加しやすく親睦を図れる団体であること

1、トライアルチーム(個人登録参加制度)を設けているので、個人はもちろん、法人、数人での参加、誰でも参加しやすく勝敗にこだわらない団体であること

1、ストレス社会に負けない健康増進を目的とする団体であること

1、会社企業のレクリエーションの一環として利用できる団体であること

1、ソフトボールというスポーツを通じて人間性及び社会人としてやさしい心を養える団体を目指すこと

1、ソフトボールというスポーツを通じてクラブ活動がない会社様等の仲間との交流及び企業様のレクリエーションの一環として未来の人材教育の一環として利用できる団体であること

1、ソフトボールを文化として考え、日本人社会にとってソフトボールやスポーツが、本来もつ意義、思想を理解し、広めることに貢献する団体であること

1、野球好き、ソフトボール好き、ボール遊びが好きな方が集まり誰でも参加出来るリーグ作りを目指す団体であること

1、ソフトボールというスポーツを通じて底辺拡大と活性化に貢献する団体であること

ファーストピッチソフトボールとは

ソフトボールの種類には2種類が存在します。
1つはファーストピッチと2つめはスローピッチがあります。
ファーストピッチは皆様が日頃お目にかかる機会の多いソフトボールで、
オリンピック競技にもなっているソフトボールです。

下手投げで球が速いのが特徴で、よくテレビでも拝見しますが、プロ野球選手とソフトボール選手が対決してもプロ野球選手でも打てない光景をよく目にするのがファーストピッチルールです。
国際大会も多く2020年開催の東京オリンピックでも正式種目として採用が決定しています。

オリンピックでの復活により注目を集めていて、女子ソフトボールでは有名自動車メーカーなども企業もチームを運営しており競技人口も多い球技と言えます。

日本では、独自にゴムボールの使用が公式で認められており比較的安全性が高くなっています。
アメリカにはゴムボールが無く、公式の試合はもちろん公式以外でも硬いボールを使用するようです。

山なりのファッとした投球のスローピッチソフトボールと比べるとエキサイティングな試合展開で球速も速い為、中級者・上級者向きではありますが、初心者の方でも無理をしないでプレーをするように心がけていれば男女の差、老若男女、年齢、問わずにソフトボールを楽しんでもらうことができます。

スローピッチソフトボールとは

ソフトボールの種類には2種類が存在します。
1つはファーストピッチと2つめはスローピッチがあります。
スローピッチソフトボールは、山なりのフワッとした投球が特徴で、
バッターとしては比較的打ちやすいルールになっています。

ストライクゾーンがマットで決められており、投げた球がベースの後ろに設置したマットに落ちるとストライクとなる為、打てる球がやってくるので子供や女子でも成人男性からヒットを打つことも容易になります。

逆にストライクゾーンに落ちなかった場合は、すべてボールと判定されてしまうのでピッチャーはコントロールが求められますが、リラックスして投げることで比較的狙い通りのポイントに落とすことができるようです。

日本ではあまり浸透性がありませんが、ソフトボール発祥の地アメリカではファーストピッチソフトボールより競技人口が多いと言われていて、老若男女年齢問わず皆様が楽しんで遊べるボールゲームと言われております。

アメリカには硬式野球しかなく軟式野球はありません。
もちろんアメリカにはゴムボールもありません。
本場アメリカのソフトボールは日本製のゴムボールはありませんので日本人からみたら硬いソフトボールでプレーするイメージがあると思いますが、ここは日本なのでゴムボールを使用して安全に安心して出来るスポーツとなっています。

スローピッチソフトボールは山なりのファッとした投球なので男女の差、老若男女、年齢、問わず楽しめるソフトボールが特徴なので誰でも楽しめるスポーツであります。

ゴールデンエゾリーグの特徴

将来併設予定の常用チーム2チーム以上、
トライアルチーム2チーム以上(一般公募チーム)を1リーグと設けて実施する団体でもあります。
ゴールデンエゾリーグの一番の特長としてトライアルチームを2チーム設けて居り昨日まで全然知らない方が同じチームで対戦します。
わかりやすくご説明いたしますと1日チームです。

トライアルチームの基本的な方針は常用的な練習が有りませんので、各自ケガには十分ご注意の上ご参加いただく形になります。必要に応じてスローピッチソフトボールのルールの説明、キャッチボールの練習も致します。トライアルチームに参加希望の方は登録用件を済ませていただき、試合人数が集まり次第、運営管理者側が登録者様にご連絡する運びとなります。
1度登録していただきますと2年間は登録されている制度になります。

仕事をお持ちの方でお忙しい方でも参加しやすい仕組みとなっておりますので自分の好きなタイミングで参加できる自由参加制度が最大の魅力のリーグとなっております。
登録用件を済ましていただければ極端な話スポーツ保険に入っていただきグローブさえ持って来ていただければ参加可能です。

18歳未満の方のご参加を希望の場合は保護者の方もプレイヤーとして入っていただくのが条件となりますが参加可能です。
常用チームとトライアルチームとの対戦も、もちろん致します。
基本的にはトライアルチーム同士の対戦になります。

トライアルチームでの参加が楽しく勝敗にこだわりたい方及び上級レベルでプレイしたい方は常用チームに移籍していただいても可能です。
トライアルチームは2チーム併設し1チーム最低9人以上の人数が必要になる為、試合ができる人数に達した時点で召集し試合に参加していただく形になります。

登録のみは無料ですが参加するには事前登録制度を採用しております。
詳しくは募集要項ページをご参照下さい。GESLはあくまでもトライアルリーグに重きを置いて活動していく団体であります。

1DAYレジャー保険のご案内

ゴールデンエゾソフトボールへのご参加にあたり、1DAYレジャー保険への加入
(一日あたり700円のプレミアムタイプ)が必須条件となっております。

詳細はこちらの保険サイトでご確認下さい。

       

TOP